全国老人福祉施設協

口腔機能維持加算
要件緩和求める。

 介護保険で定められている「口腔機能維持管理加算」などの算定要件の緩和を求める意見書を全国老人福祉施設協議会(中田会長)7日に聞かれた社会保険審議会介護給付分化会に提出した。口腔機能維持管理加算など歯科に関わる算定要件の改善を求める声が老人福祉施設関係団体から上がるのは異例のこと。
 意見書では、高齢者が地域で安心して生活するためには、特養ホームや養護老人ホーム、軽費老人ホームを福祉拠点とする地域ケア体制の確立が必要で、そのためには、介護現場において認知症ケア、口腔ケア、施設リハビリヽ排せつケア、みとりケア等を科学的にエビデンスに基づき具現化すると同時に人材の育成か急務とした。(2011年10月18日 日本歯科新聞抜粋)

65歳以上の高齢者の割合は22.7%だそうです。
なんと、日本人の5人に一人は65歳以上だそうです。
これから、もっと高齢者は増えて行くのか?そう考えると、自ら注意して子どもたちの世話にならない為に今からできることを、と、考えると口腔機能の維持は大切なのだろう。まず自分の歯を知ることが大切なのだろうか?
歯列矯正はクローバー歯科クリニックへ知識豊富な専門カウンセラーが歯列矯正についてのご質問やご相談にお答えいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする