口腔ケアで肺炎を防ごう

 口腔衛生を保つことで肺炎心臓疾患などを予防しようと呼びかける市民講座
 
 「いい歯と健康が8日に仙台市で聞かれ、歯科医師や歯科衛生士、市民ら170人が参加した。口腔と全身に関連したイベントとあって医師や看護師らの出席も目立った。神戸常盤大学短期大学部の足立了平教授(ロ腔保健学科)らが「震災から半年が経過した今も震災関連死で亡くなる人が増えている。救える命を救おう」と口腔ケアの重要性を訴えた。「保険で良い歯科医療を」全国連絡会の主催。宮城県や仙台市、県歯科医師会、新聞やNHK、民放各社など後援した。足立教授は「健康は健口から~口と全身との意外な関係~」と題し講演。「咀嚼により大量の感覚情報が脳に流れ込む。脳の血流量が増え、脳の働きを高めることが分かった。歯が失われ義歯も使用しない高齢者は寝たきりが多いのは歯科関係者なら実感していることで、毎食後の歯磨きと正しい食生活、歯科医院での定期検診が重要」と指摘した。(2011年10月18日 日本歯科新聞抜粋)

保険で良い歯科治療を、歯医者さんに行くときに気になることが治療費ですよね。見た目も気になる、でも治療費が・・・と、悩む方も多いでしょうね。そんな時しっかりと説明して頂ける、どんな相談も遠慮なくできる、そんな歯医者さんないかしら・・。豊中市のクローバー歯科クリニックでは患者様のお悩みをお聞きし、最適な歯列矯正治療法をご提案させて頂きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする