高額療養費の見直し(定額負担の導入案)

定額負担の導入案について、同省では改革案を実行した場合、国費で1300億円程度必要になるとみている。

 負担軽誠になれば、それだけの財源が必要になる。同省では改革案を実行した場合、国費で1300億円程度必要になるとみている。国は保険料や国費ではなく、外来患者が受診した際に3割負担のほかに、100円程度の定額負担で財源を確保することを目論んでいる。低所得者への配慮は行うとしているが、具体的な軽減措置案はまだ示されていない。
 高額療養費の見直しと受診時定額負担による財政影響は、制度改正を実施した初年度は財政中立が保たれるが、2年目以降は高額療養費の伸びの方が上回ると試算。定額負担の財源で賄えないものについては、保険者が負担する考えを示した。
 ただ、初年度についても全体で見れば財政中立だが、保険者間を比べると、市町村国保のみが財源が足りない計算で、同省では消費税の引き上げ分で不足を賄いたい意向だ。(2011年10月18日 日本歯科新聞抜粋)

 歯列矯正しようか迷っている方、自分の場合はどんな治療法が合うのだろう?という疑問をお持ちの方、ぜひカウンセリングを受けてみませんか?クローバー歯科では初診カウンセリングを無料で行っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする