日医が各団体に送付した趣意書

 保険料等でまかなうべき
 政府案は受診するたびに新たに百円を徴収しようとしている。

 3月11日に発生した東日本大震災は未曾有の国難であり、原子力災害は今なお進行中です。被災地には、当然受けることができるはずの医療がありません。また、金融危機は、わが国の経済も直撃しました。雇用回復は見通せず、家計は厳しさを増しています。
 このような中、政府は、病院や診療所にかかったときに新たな負担を求める、受診時定額負担」を提案しました。現在、若い方は医療費の3割、75歳以上の多くの方は医療費の一割を負担しています。政府案は、このうえ、受診するたびに新たに百円を徴収しようとしているのです。
  私たちは、「受診時定額負担」の導入を阻止するため、強力に国民運動を展開します。
 つきましては、皆様方のご協力の下、1人でも多くの国民が運動にご協力とご支援をたまわりたく、心よりお願い申し上げます。
(2011年10月18日 日本歯科新聞抜粋)

 歯列についてのお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。クローバー歯科クリニックでは豊富な歯列矯正メニューをご用意しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする