再診料見直すべき

 日医が会見で主張
再診料は地域医療を支えるための重要な原資とし、地域医療崩壊を食い止めるために以前の地域水準に戻すよう求めた。

 日本医師会(原中勝征会長)は、平成24年度診療報酬改定に向けて再診料や地域医療貢献加算などを見直すべきとの考えを12日の定例会見で示した。同会は東日本大震災を受けて診療報酬の全面的な同時改定の見送りを求めるものの、不合理な診療報酬項目は是正すべきとした。再診料は22年度改定で診療所の再診料が2点引き下げられていた。日医では、再診料は地域医療を支えるための重要な原資とし、地域医療崩壊を食い止めるために以前の地域水準に戻すよう求めた。地域医療責任加算については要件を分かりやすく見直すべきとした。
 また、同一医療機関における複数科受診した時の問題点では、二つ目以降の診療科では、再診料が算定できない仕組みになっているとし、それぞれの専門診療科の医師が他科の医師と連携しつつ、個々の技術特性を生かした診療を行っていることを踏まえ適切に評価すべきと強調した。
 ほかには、有床診療所の入院基本料の引き上げや療養病棟人院基本料における認知機能障害加算の再評価、夜勤72時間ルールの緩和など求めた。(2011年10月18日 日本歯科新聞抜粋)

 自分の歯列について悩んでいる方、歯列矯正しようか迷っている方、クローバー歯科では初診カウンセリングを無料で行っています。自分の場合はどんな治療法が合うのだろう?この機会に、ぜひカウンセリングを受けてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする