SPTとは

 治療終了後に、一定期間ごとに歯周病の予防のために行う歯科医院での口腔ケアをSPTといいます。毎日の歯磨きに加えて、歯科医院でのメンテナンスを受けていただくことが、歯周病を再発させないためには重要です。以下はSPTについての記事からの抜粋です。

 SPTとは、従来の概念が意味するところの検診とクリーニングではありません。科学的な根拠を持ち、疾患の進行を停止し再感染を予防するためのサポート治療です。多くの長期間にわたる研究からその有効性についてコンセンサスが得られており、歯周治療においてもっとも重要で不可欠な歯周治療と位置づけされています。つまり歯周治療は、SPTという形でずっと継続していくものなのです。しかし、日常の臨床の中ではSPTで安定していたはずの歯周組織に炎症が起こったり、歯周ポケットが再発したりとなかなか思うようにコントロールできない現実があります。
プロフェッショナルケアにおいて大切なのは、
①正常と異常の違いがわかる
②小さな変化を見逃さないために継続したモニタリングを行う
③生体の許容範囲を見極める目を持つ
④精度の高いプロフェッショナルクリーニングができる
ということです。(Vol.34 歯科衛生士引用)

 むし歯や歯周病は再発しやすい病気であると言われています。自覚症状が出にくいために、いざ症状が出てしまうと、かなり進行しており、抜歯しなければならなくなることが多いです。再発を防ぐためには、患者さんご自身の手による毎日の正しい歯磨きと、歯科医院での定期健診が欠かせません。豊中クローバー歯科クリニックでは、歯に関するお悩みのある方のために無料で相談できる専用の電話相談窓口をご用意しています。お気軽におかけ下さいね。また、歯列矯正をお考えの方には、無料の初診相談を行っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする