子どもの歯肉炎を予防するには

 子どもたちの間に歯肉炎が増えていることを受け、子どもたちのための歯肉炎予防の取り組みが今後ますます重要になってくると思われます。今後は食事が柔らかいものに偏らないように工夫したり、甘いものは時間を決めて摂取する等の工夫が必要ですね。以下は子どもたちの歯肉炎予防と進行抑制のための対処法に関する記事からです。

【子どもたちの歯肉炎予防と進行抑制のために】
対処法
 学童期は,乳歯から永久歯へと生え変わる時期である.永久歯が萌出する時期は歯並び凸凹していることからもプラークを除去しにくく,歯肉炎が発症しやすい.歯肉炎の発祥はプラークの付着に関連が深い.そこでプラークが原因で発生する歯肉炎の対処法を紹介する.
1.歯肉を観察する習慣とポイント
 歯肉炎を予防する行動に移すためには,子どもたちが自分自身の歯肉の状態,つまり,歯肉炎の発症の有無とその部位を正しく理解することが重要である.そのためには,歯肉を観察する目を養うことが大切である.まず,観察をする歯肉の部位を明確にする.つまり,歯と歯の間の歯肉(歯間乳頭部)を1か所ずつ観察する.そして,健康な歯肉と歯肉炎の違いを理解させる.(2004 現代の治療指針引用)

 大阪豊中のクローバー歯科クリニックにも、お子さんが大勢健診に来られます。クローバー歯科クリニック豊中本町院にはチャイルドルームがあり、保育士の資格を持ったスタッフがお子さんをお預かりしますので、小さなお子さんをおもちのお母さんも安心して歯科治療を受けていただけます。無料の電話相談もご用意しており、専任のカウンセラーがご質問にていねいにお答えいたします。歯列矯正に関するご質問も多くいただいていますので、お気軽にご相談くださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする