かみ癖、かみ不足で全身がゆがむ

噛むと言う事が気になりだし、色々と調べてみると、
日経ウーマンオンラインに、かみ癖、かみ不足で全身がゆがむというサイトがありました。
あごのゆがみの原因として、専門家たちが指摘するのが、現代人のかみ不足・あごの退化だそうです。下あごを動かす咀嚼筋は、下あごの軸となる顎関節のバランスを取っているということですが、かむ回数が不足すると咀嚼筋の働きが低下し顎関節には不均衡が生じやすいと言う事です。
また、片方の歯でばかりかむ習慣もあごにアンバランスな力が加わり続け、頭や首の骨のゆがみが悪化してしまうということに繋がるそうです。
 かみ不足であごがゆがむと、片かみも進み、長い間続けるとさらに全身がゆがんでしまう悪循環になるそうです。結果左側ばかりで噛むと、左の顎関節に負担がかかり、下顎が左に傾き左目がさがる・・・・。それが、頭に首に下半身にそして全体がゆがむ、と、書かれていました。

歯は大切ですね、食事は毎日の事ですから小さい積み重ねも、積もり積もると・・・。
自分の歯列について悩んでいる方、歯列矯正しようか迷っている方、自分の場合はどんな治療法が合うのだろう?という疑問をお持ちの方、ぜひカウンセリングを受けてみませんか?クローバー歯科は、豊中市・大阪梅田・神戸三宮にございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする