私たちの先祖は虫歯の治療はどうしたの?

私たちの先祖は虫歯が少なかったの?
もしかしたら、今のように歯医者さんもいないので虫歯は治療せずにそのままの状態だったのでしょうか?
痛かったでしょうね。

日本最古の入れ歯は、全部「木」でできた「木床義歯(もくしょうぎし)」だそうです。
使っていたのは天文7年(1538年)4月20日に74歳で亡くなった、和歌山市の願成寺の仏姫だそうです。
この入れ歯は、黄楊の木を彫ったもので、歯の部分と歯肉の部分が一体になっています。
平安時代ですよね。驚きました。日本人って器用ですね。

ウェッジウッド会社も1804年までの間に、12,000個の陶器の入れ歯を作ったと言われています。
歯が無いというのは、ヨーロッパの貴婦人達の大きな悩みだったようです。
ヨーロッパの貴婦人達はどんなに着飾っても、歯がなくては扇を口元から離すことができなかったようです。
使いにくく実際には食事は難しかったようですが、口元の美しさを回復できたのは、女性としては嬉しかったでしょうね。

大阪 豊中市のクローバー歯科クリニックでは豊富な歯列矯正メニューをご用意しております。患者様のお悩みをお聞きし、最適な歯列矯正治療法をご提案させて頂きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする