病草紙

「口臭の女」
国宝 病草紙(やまいのそうし)の10面のなかに、歯に関するものとして、「口臭の女」がありました。

「息の香(臭い)あまり臭くて、傍らに寄る人は臭さ堪え難かりけり」。若い下級女官が強い口臭に悩んでいる様子が描かれています。
口臭は、口腔内が不潔な場合、胃病の場合、進行した虫歯がある場合、歯周病による場合など、色々な原因があるのでしょう。

『 都に女あり。見目かたち、髪姿あるべかしかりければ、人、雑仕に使ひけり。よそに見る男、心を尽くしけれども、(女の)息の香、あまりに臭くて近づき寄りぬれば、鼻をふさぎて逃げぬ。ただ、うち居たるにも、(女の)傍らに寄る人は、臭さ耐え難かりけり。』

現在でも口臭で悩まれたり、匂うのでないかと気にさている方も多いと思います。定期的に歯垢除去をしたり、ご自分でも歯磨きに注意されているかも多いですね。悩みは昔も今も同じです。
クローバー歯科では初診カウンセリングを無料で行っています。無料初診カウンセリングではレントゲン撮影や検査などを行い、現在の歯列の状態をみていきます。それから治療方法や費用などについて詳しくご説明させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする