歯周病は女性の方がかかりやすい

歯周病は男性よりも女性の方がなりやすいそうです。

女性の方が男性よりもキレイ好きですし、口臭にも敏感なので毎食後歯みがきをして口の中をきれいにしている方も多いのになぜでしょう?

それは、歯周病の原因になる細菌の中には女性ホルモンを栄養源として繁殖する細菌がいるからだそうです。
女性ホルモンの分泌量やバランスは月経周期で変動をしますし、思春期、妊娠、出産、更年期などによっても変わってきます。女性ホルモンの分泌量が増えると細菌も増殖するそうです。そのため歯周病に女性の方がなりやすいといわれています。さらに妊娠時には女性ホルモンが増しますので口の中の細菌が増えて歯周病になりやすい環境になってしまいます。また更年期を迎えると女性は免疫力が低下してきます。そのため更年期の時期も歯周病にかかりやすくなってしまいます。「思春期性歯肉炎」「妊娠性歯肉炎」「更年期性歯肉炎」という病名もあるほどです。
閉経後、骨粗しょう症になりやすくなるのも女性特有です。骨粗しょう症は骨がスカスカになってしまう病気です。歯をささえているのも骨です。歯周病と骨粗しょう症で歯を失ってしまう可能性がとても高くなってしまうそうです。

定期健診は大切です、調子が悪くなるのを待つのではなく日頃からケアをわすれませんよう・・・。

クローバー歯科では無料相談ダイヤルを開設しております。歯列矯正に関するご質問・お悩みございましたら、当院までお気軽にご相談下さい。矯正歯科治療は人の気持ちを良くし、健康にもなります。ほんとに素晴らしいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする