第2次「健康日本21」

平成35年までに8020達成者を50%歯科検診の受診割合を年間65%までに引き上げる。
日本歯科新聞に28日に掲載されていました。

25~35年度までの第2次「健康日本21」に向けて厚生省が16日の次期国民健康づくり運動プラン策定専門委員会に提示した基本方針の素案で明らかになったもの。8020達成者の実績は平成17年で25%、年間の歯科検診の受診割合21年度の実績が34.1%で、いずれも目標は2倍近い値となっている。同省では3月中に専門委員会で意見集約を図り、6月ごろをめどに正式に基本方針を取りまとめる。(日本歯科新聞2012年2月28日より)

「8020運動」
「8020」は「ハチ・マル・二イ・マル」と読み、 「8020運動」とは“80歳になっても20本以上自分の歯を保とう”という運動です。平成元年、厚生省と 日本歯科医師会が提唱し、 自治体、各種団体、企業、そして広く国民に呼びかけてきたそうです。
あえて8020という数字を掲げたのか、 親知らずを除く28本 の歯のうち、 少なくとも20本以上自分の歯があれば、 ほとんどの食物を噛みくだくことができ、 おいしく食べられるからだということです。

80歳で20本の自分の歯 そうなりたいものですね、自分の歯で食事が出来ると言うことは楽しい事でしょうね。

クローバー歯科では初診カウンセリングを無料で行っています。無料初診カウンセリングではレントゲン撮影や検査などを行い、現在の歯列の状態をみていきます。その後、治療方法や費用などについて詳しくご説明させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする