虫歯の特徴・原因

虫歯は、細菌が糖質をもとに作り出すものです。
 歯の表面のプラーク(歯垢)の中には細菌が存在します。細菌は、飲食物の中の糖分を摂取、分解して酸を出します。この酸が歯を溶かすことで虫歯になるそうです。

唾液は酸を中性に近づけ歯を守ります。
 唾液にはカルシウムやリン酸を含んでおり、これらが脱灰された歯を修復(再石灰化)するそうです。溶けかけた歯を修復することができるのですね。多くの虫歯は、歯の間や奥歯の溝から発生し、特に溝の細菌は歯みがきでは取り除けません。そのため、歯みがきをしていれば虫歯が防げるという常識は現在では正しくないことが分かってきました。

虫歯により崩壊した歯質は、再石灰化等により自然に回復することはありません。虫歯の穴を埋めて修復する歯科治療が必要になります。

各人が、虫歯にならないように努力することが大切なのでしょうね。歯磨きだけでは取り除けない歯垢であれば、定期的な歯科検診は必要でしょう。

クローバー歯科では無料相談ダイヤルを開設しております。歯列矯正に関するご質問・お悩みございましたら、当院までお気軽にご相談下さい。矯正歯科治療は人の気持ちを良くし、健康にもなります。ほんとに素晴らしいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする