白い歯 黄ばみ解消するには・・・。

歯の変色や着色は、さまざまな原因で起こります。
 歯の色を気にして、学校や職場、友人の前で心から笑えないという人たちがいるのではないでしょうか。体質から黄ばみの目立つ人もいますし、また、だれでも年齢を重ねると黄褐色に染まってきます。黄ばみを促進するものとして、たばこ、お茶、コーヒー、赤ワインなどがあります。 原因は違っても、歯の色に悩む人は少なくないのではないでしょうか。
 コーヒーや紅茶を飲んだら、歯の表面についた色素をすぐに落とさないと、色素がタンパク基質と強固に結合して歯の表面に沈着していきます。コーヒーや紅茶を飲んだら、すぐに水でうがいをするといいでしょう。また、コーヒーや茶渋、赤ワインなどの色素沈着が起こると、 歯の表面がざらついてきて歯垢などの汚れがつきやすくなり、その結果、虫歯にもなりやすくなるという悪影響もあります。 よく飲まれる方はまめな歯磨きが大切でしょう。

大阪 豊中市のクローバー歯科クリニックでは豊富な歯列矯正メニューをご用意しております。
治療前の患者様は、多くの悩みや不安をもっていらっしゃいます。患者様のお悩みを一つ一つ丁寧にお聞きし、患者様の不安を解消していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする