日歯が国民に対象に意識調査をしました。

国民の半数以上は歯や口腔に異常を感じているが、8割以上が歯科治療を受けていない。と、結果がでたそうです。

調査は、歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士等の歯科医療従事者を除外した全国の20~70歳代の男女に、インターネットで7月8~13日に回答を求めた。
有効回収サンプルは1万4千件で男性56.7% 女性43.3%。
年代別では14.3%の70歳代が最少、
19.2%の30歳代が最多だが、
10歳ごとの各年代とも15~18%台。

「-歯や口のなかの悩みや気になること」(複数回答)の質問では、
「ものがはさまる」が35.2%で最も多く、
「歯の色がきになる」「歯石がたまっている」「歯が痛んだり、しみたりする」「口臭がある」と続き、
2割台前半から後半となっている。

 歯や口腔の異常については、55.0%の人が「あり」と回答。
2年前の20~60歳代サンプル数1万2千件の結果では
「あり」が62.7%だったが、今期あの同年代、
同サンプル数の結果では55.3%で7.4%と減っている

 歯や口腔の異常について「異常がある」と感じている人で
     治療を受けている人は16.2%、
     何らかの理由で受けていない人は83.8%で、
     その内訳は、
     「治療していたが現在中断している」11.4%
     「現在治療していない」70.9%など。

 治療を中断した理由(複数回答)では
    「悪いところがない」が40.2%、
     「治療が終了、病気が治った」33.4%
     「痛みを感じるなど、ひどい状況ではない」22.6%
     「治療を受ける必要がない」15.8%「
     「治療に行く必要がない」11.9%。
他の理由では「面倒だから」「治療費が高額だから」「良い歯科医師・医院が見つからない」などがあった。
(2011年10月11日 日本歯科新聞抜粋)

口臭はとても気になる事ではありますが、歯医者さんになかなか行けません。定期検診にいってるとその時に聞くことができるのでしょうね。
やはり、定期検診は必要ですね。早くに予防治療もできますし、アンケートをみて定期検診の必要性を感じました。豊中市のクローバー歯科クリニックは知識豊富な専門カウンセラーが歯列矯正についてのご質問やご相談にお答えいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする